どうなるんだろう?

と、いうわけでプレゼント用に購入した美容オイルが届いたので渡して開封してもらい
「僕も使ってみる!!」ということで、2回ほど拝借して使ってみました。

前提として、男なので肌質は女性とは異なるであろうこと、
また、最近では男性のスキンケアも流行りつつあるとはいうものの
僕自身は化粧品やスキンケアについては何か特別なこだわりはありません。
どちらかというと無頓着な部類ではないかと思います。

男性の肌という話では「髭」がセットになりますが、
僕の場合これが頑丈なせいか、髭剃りをすると大抵カミソリ負けをして
翌日は顎のあたりが痒くなったり、ニキビの小さいのができたりしていました。
最近は髭を生やしている人も増えてきたおかげで、
これに倣うことで長年の悩みは少し解消されました。

洗顔は基本的に普段身体を洗うのに使う固形石鹸(選んだことはない)です。
家族が何か新しい洗顔料を買ってきたら数回それを試しに使わせてもらう程度。
小鼻のあたりは油っぽくて、こめかみのあたりが乾燥ぎみで
おでこは何だかよくわからない、そして汗はかきやすいほうかと感じています。

…あまりおっさんの肌質の話をダラダラ書いても面白くないので、本題にいきます。

美容オイルを使用した2回とも、
お風呂で固形石鹸での洗顔 → 化粧水を借りてつける → 落ち着いてから美容オイル
という順番で試してみました。(ひとつひとつの方法が正しいかどうかは不明)
借りた化粧水はつけたすぐはほんの少しペタペタする感じだったのが
5分ほどするとサラッとなったので、そうなってからオイルをつけました。

1プッシュを手にとって顔に。
グレープフルーツのようなオレンジの皮のような香り→レモン系→フランキンセンス
という変化のようで、それもむやみに香るわけではなく
顔に広げて馴染ませている間だけほのかに香る程度。
なので男の僕でも使って違和感はないですね。
「オイルをつけている」という行動そのものに馴染みがない程度です。

手に取った時は1プッシュでは少ないかな?と思いましたが
顔だけではなく首や手まで広げることができました。
これは広げ方で差が出てくるかもしれません。

きっちり時間を計っていないですが、
30分〜1時間程度は肌にオイル感があったはずなのが
いつの間にか馴染んでいたのが不思議な感じです。

翌朝…「へぇー。オイルをつけるとはこういう感じなのか〜。」といった感想。
初体験だったこともあり何がどうと言われると表現に困りますが、とにかく違うことは明らかでした。

オイルをつけたからといって触っても肌表面がペタペタ湿っているわけでもなく、
何かが肌の薄皮1枚下に保たれているような…
こういう状態を「潤っている」というのかも知れませんが
単純に水分というわけでもなさそうです。
プラセボ効果なのかもしれませんが、このいつもと違う感じはさらに翌日までありました。

日をあけて、一昨日の夜に再度オイルをつけてみたのですが
今朝の時点でもまだやっぱり何か違うように感じます。
これまでオイルをつけたことなんてなかったから、余計に違うように感じるだけなのか??

男の肌でもこれだけ違うように思えるんだから、
繊細な女性の肌ならもっと違って感じるんじゃないかなぁ。。。

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。

最新記事 by やまと (全て見る)