Olvie美容液に使われている精油のひとつ、ベルガモット。

なんだか気分が上がらないとき、

気持ちを切り替えたいときにはぴったりの精油です。

 

 

ベルガモットは紅茶アールグレイの香りづけに使われている柑橘です。

ミカン科の常緑高木樹で、その実はライムに似ています。

いろんな精油との相性が良くフレッシュな爽やかさと甘さを感じる香りです。

 

代表的な効能は・・・

ベルガモットに含まれる酢酸リナリルは、鎮痙作用、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用が知られています。

また、リモネンはレモンやグレープフルーツの精油にも含まれる成分で、肝臓強壮作用、腎臓機能促進作用、蠕動運動(胃や腸の収縮運動)促進作用があります。

これらの成分から、ベルガモットの香りには、ささくれ立つ気持ちを鎮静する作用や抗うつ作用、気分をリフレッシュさせる働きがあるので、心を明るく上向きにしてくれます。不安、抑うつ、緊張、精神疲労などに大きな効果が期待できます。

1970年代に、イタリアはミラノのパウロ・ロベスティ(植物誘導体研究所所長)がその研究において、ベルガモットを含む柑橘系精油が神経症やうつ病に有効であるという発見をしました。

これは、香りの精神への臨床例としては世界で初めてといわれています。

さらに、食欲を調整する作用もあり、食欲不振や摂食障害などの食生活上の問題の改善にも役立ちます。抗炎症、抗菌、抗ウィルス作用などにより、呼吸器系や泌尿器系の不調にも効果的です。防虫効果もあり、虫よけとして利用されることもあります。

 

 

連休が明け、ちょっと調子が出ないときなどにベルガモット、とってもおすすめです(^o^)

精油をお持ちでなければ、アールグレイティーでお香りを楽しむのはいかがでしょうか♪

 

 

 

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロンにて受付を担当し、日々仕事や家庭のために頑張る女性のストレスを少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えたらいいなという想いで、お役に立てるブログを書いていきたいです。