初夏を思わせる陽気になるかと思えば
肌寒さを感じる天気になり、毎日の服装に
頭を悩ませる日が続いていますね。

天候の変化でなんとなく胃腸の不調を感じる
方も多いように思います。

そんな時「ハーブ」を取り入れてみませんか。
いつもの飲み物にちょい足ししましょう。

私のおすすめは、「レモングラス」
スパイスのコーナーで少量から購入
出来ますし、料理にも使えます。

アジアの薬草と呼ばれているハーブです。
たくさんの効果があります。

〇疲労回復効果
レモングラスはレモンのような香りが
しますが、香りの元になっているのは
「シトラール」という芳香成分です。
シトラールは心身の疲れをリフレッシュ
させて疲労感を改善し、集中力を高め気分の
切り替えをサポートしたりしてくれる
働きも期待できます。
仕事や勉強の休憩時間にもぴったりです。

〇消化器官系の不調緩和
シトラールには消化器官系の不調を
サポートする効果も期待できます。

消化不良を起こしやすい人は食後に
食欲不振で悩んでいるなら食前に
取り入れてみるのもよさそうです。
また、腸内に溜まったガスの排出も
サポートしてくれるため、お腹が張って
しまいやすいときにもおすすめです。

〇口臭予防効果
レモングラスの優れた殺菌作用は、口内の
雑菌にも効果的です。
食後にレモングラスティーを飲むことで
口内の雑菌の繁殖を抑えれば、爽やかな息
が続きまた、清々しいレモンの香りも
口臭ケアにぴったりなので、
ぜひ取り入れてみてください。

作り方
① カップにレモングラスを入れて
(好みの量)熱湯を注ぎ1~2分蒸します。
① で緑茶のお茶をいれます。

The following two tabs change content below.
昔から香りやトリートメントに興味があり、十数年前にアロマと出会いアロマセラピストとして、日々お客様にセルフケアのアドバイスをしています。 同じ女性として年齢を重ねて感じる不調に、少しでもお役に立てる情報を発信していきたいと思います。