先日、こちらのブログでもご紹介しましたが、

夏の不調の一つに「むくみ」があります。

カラダに余分な水分や老廃物がたまってしまった状態です。

特に筋肉量も少なく冷えやすい女性は、1年を通して足のむくみで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

夏は冷房のあたり過ぎや冷たい飲食物のとり過ぎといった生活から、水分を「出す」ことが滞る、むくみやすい季節です。

むくみを放ってくと、体が疲れやすくなって、夏バテなどの不調につながることもあります。

ですが、むくみや冷えを気にして水分補給を控えるのはNGです!

夏は熱中症の危険があるので、水分補給は意識してくださいね。

毎日のこまめなケアで、今年の夏も快適に過ごしましょう♪

外出先や仕事中でもできるケアは、足首グルグル回し

仕事などで立ちっぱなし、座りっぱなしの同じ姿勢が続いたら、脚を動かして血流の滞りを解消しましょう。

足首をゆっくりと回したり、アキレス腱を伸ばすことを意識して、つま先を曲げ伸ばしします。

30分に1回のペースで行うのがおすすめです。

おやすみ前にはクリームやオイルでマッサージ

①手の平全体で優しく撫でるように、足先、足首から上に向かってクリームをなじませます。

(Olvie美容オイルももちろんお使いいただけます!)

②足の指の間に、手の指を入れ握手するようにして、ゆっくり足首を大きく左右に回します。

③そのまま、足を奥へ押してゆっくり5秒、手前に倒して5秒しっかり足裏と甲を伸ばします。

④土踏まずの部分を、手の拳の部分でぐるぐると円を描きます。

マッサージと一緒に、おすすめのツボを刺激してみましょう(^ ^)

「湧泉(ゆうせん)」・・・足の裏の「万能ツボ」とも言われ、代謝や血行にアプローチします。

「足の三里(あしのさんり)」・・・疲れ・だるさ・むくみだけでなく、冷えなどのトラブルにも!下半身のむくみに効果的。

「三陰交(さんいんこう)」・・・ココが冷えるとカラダも冷えると言われている冷えのツボです。

この3カ所を、各3回程度じんわりと押します。

 

ぜひ、身体を冷やしすぎずセルフケアを取り入れながら、夏のむくみケアを実践して見てください!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロン運営会社に勤務し、仕事や家庭のために日々頑張る女性のストレスが少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えるような、お役に立てるブログを書いていきたいです。