(グランデスパ OTOZURE : 山口県湯本温泉 大谷山荘別邸音信内)

先週は山口に行ってきました。 グランデスパ の再開へ向けてのご協議。

旅館様とのお話で8月1日の再開が決定しました! 🙂

感染防止対策を万全にしてお客様をお迎えするよう準備を進めて参ります。

もし、湯本温泉にお越しの機会がありましたら、ぜひお立ち寄りくださいね。🙂

・・・・・・・・

オルヴィエ 直営オリーブ園では、

コロナさんが収まってきたと時を同じくするように新芽がどんどん伸びています。

なんだか不思議。 ここ数日の雨でオリーブたちも嬉しそう。

風に吹かれて気持ちようさそうに雨のシャワーを浴びていました。🙂

・・・・・・・・

自然というのは本当にすごくて、

海に出ると風や波のパワーに圧倒され人間がいかに儚いものかを実感することができます。

一方で、真夏の太陽がキラキラと水面に映る様や、夕日が水平線に落ちる風景は

言葉にできないくらい美しく

風と光と潮の香りとともに、「生きてる」ってこういうことだよね

と、全身で生命(いのち)を感じることができます。

 

先日訪問したハーブ園のラベンダー

 

野性味あふれる育ち方 その香りの強さに 強い生命力を感じました。

「生きてる」って感じです。

・・・・・・・・

ウイズコロナの時代は、ソーシャルディスタンス 3密を避ける リモートワークなど

人と人との関わり(距離)をできるだけ避ける(遠ざける)社会政策が推奨されています。

人に触れ合うとか密に語り合うというのは 人間の根源に近い欲求なので

それを禁止されると、感染は防止できても人間のメンタルの方は大丈夫なのだろうかと心配になったりします。(~_~;)

 

都市文明は、快適な環境 便利な生活 美しく美味しい食べ物 芸術性・文化性に溢れたファッションや街並みがあります。

それはとても魅力的。

でも、あまりにも自然から離れすぎて

実は、私たち人間は自然の一部なのだという真実を忘れてしまっているのかもしれません。

 

人は、一人で生きていくことはできません。

自然の恵みやその繋がりの中で生命を維持していることから離れることはできません。

人と人との繋がり。 自然と人との繋がり。

 

本当は、「生」の人間。 「生」の自然と触れ合うのが一番良い。

でも、みんなが海や山に行ける訳ではありません。

「生」の人間や自然に触れることは、(普段はできない)贅沢なことになりつつあるのかもしれません。

・・・・・・

ウイズコロナの時代に、「生」の人や自然に触れることが贅沢なことになっているとしたら

せめて、写真や動画 あるいはVRなどできるだけ臨場感(リアリティー)を感じられるようなツールを使って

私たちの想いや自然の生命力をお届けしたい。

この閉塞感あふれる時代に少しでも癒され笑顔になってもらえたら嬉しい。

そして、コロナ感染症が少し収まった時には、また笑顔の私たちに会いに来て頂けたら嬉しい。

 

ナチュラルリフレックスもグランデスパもオルヴィエ も

そんな想いを持ってウイズコロナの時代を過ごしていけたらと思っています。 🙂

 

 

 

(行きつけの小料理屋さんにいたアスパラガス 生命力ありそう)🙂

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。  20年来のアロマテラピーサロン、ホテルスパの運営経験をもとに セラピストの仲間たちと世界に認められるスパプロダクトづくりを進めています。 直営オリーブ園で育てたオリーブたちが、皆さまの健康と美しさに繋がっている と思うと草刈りや虫とりの中に喜びがあります。 オリーブの生命力やしなやかさ 精油の神秘的な香りをプロダクトに閉じ込め 皆さまにお届けしたいと日々奮闘中です。 オリーブ栽培や、オルヴィエの製品づくり、セラピストの仲間たちとの 日々を綴っていきます。