九州・福岡では寒の戻り。

寒い日が続いています。(>_<)

2月末に、オルヴィエ 直営オリーブ園の第2期植樹を執り行うこととなりました。

2018年3月にCF(クラウドファンティング)で友人・知人の方々から暖かいご支援を頂いて2年。

皆様のご協力のおかげで、美容オイルとフェイシャルソープ 2種類の製品が揃いました。

この度、念願の第2期植樹を行うことができます。

この場をお借りして心から御礼申し上げます。 ありがとうございます。m(__)m

・・・・・・・

週末は、植樹祭へ向けて、オリーブを植える苗床(なえどこ)づくり。

早朝は小雨模様。 心配しましたが、西の空が晴れていたので大丈夫だろうと決行しました。🙂

(今回、広げる畑。 約1反に20本のオリーブ苗を植えます)

(準備した資材は、オリーブ苗の支柱24本 オリーブ用土134袋 有機石灰2袋 有機肥料2袋)

(メジャーで墨出し。6M ×5M間隔に石灰で印を入れる)

 

早朝から一人で準備をして、ユンボ(穴を掘る重機)の到着を待ちます。

いつもお世話になっている地元先輩農家のFさんにユンボ作業をお願いしていました。

・・・  約束の時間になっても姿を現さないFさん・・

「大丈夫かなあ 忘れてらしゃらないかなあ・・」

と心配している所へ、

グルングルン と遠くから重機のキャタペラの音。

「おお!」

いつもはうるさく聞こえるキャタペラの音が、

とても力強く安心して聞こえるから不思議です。🙂

・・・・・

早速、苗床づくり

直径80センチ×深さ80センチの穴を掘り

有機石灰と有機肥料を混ぜ込み、支柱を立てて埋め戻します。

全部で23ケ所。

(作業中、シラサギが舞い降りてきました。 幸運の鳥かも!🙂)

順調に作業は進み、最後に畑の整地(平らにすること)。

 

 

苗床づくり完了! です。🙂

 

・・・・・・・・

美容オイルもソープもそうですが、オリーブ畑も一人ではつくることはできません。

さまざまな分野の専門家の方、スキルや知識を持つ方々のご協力と行動と熱意が

ひとつのものを創り上げていきます。

 

「すべてはエネルギーだ」と言っている方がいらっしゃいます。

オリーブ畑で、苗床をつくりながら

「そうだよなあ」 と考えていました。

 

サロンもオルヴィエ 製品もオリーブ畑も

そこに集まる人やモノ、それぞれのエネルギーが集まり結晶化して

ひとつの現実がつくられていくんだよなあ

 

グルングルン  ゴイーン と唸るユンボの音を聞きながら

また、一歩進めた。🙂

嬉しい気持ちになった苗床づくりでした。

(Fさんありがとうございました!)

 

・・・・・・

 

オルヴィエ は、世界の人々を健康に美しくする。

以って、

日本の自然の美しさと豊かさを次世代に繋ぐ。

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。  20年来のアロマテラピーサロン、ホテルスパの運営経験をもとに セラピストの仲間たちと世界に認められるスパプロダクトづくりを進めています。 直営オリーブ園で育てたオリーブたちが、皆さまの健康と美しさに繋がっている と思うと草刈りや虫とりの中に喜びがあります。 オリーブの生命力やしなやかさ 精油の神秘的な香りをプロダクトに閉じ込め 皆さまにお届けしたいと日々奮闘中です。 オリーブ栽培や、オルヴィエの製品づくり、セラピストの仲間たちとの 日々を綴っていきます。