人間の体内では毎日3000億個以上の細胞が新たに作られています。

ということは、新しい自分をつくるのは今日からでも可能なのです。

体の回復力を高めて体内年齢を若返らせるには、どんな食生活がいいのでしょうか?

 

基本は「必須」という言葉が付く食材から食べていくことが大切なのだそう。

体内で作り出すことができない必須アミノ酸、必須脂肪酸、必須微量栄養素などです。

肉、魚、卵に豊富に含まれるタンパク質は、肌のハリをつくるコラーゲンの材料となるアミノ酸を含んでいます。

1日100gを目安に摂ると良いようです^^

カロリーを抑えるには、蒸すなどの油を使わない調理方法や、脂肪分が少ない白身魚、ササミ肉などを使うとよいでしょう。

 

ただ「カロリー」を基準にしてしまうと、脂肪酸は高カロリーなので適量をとれずに脂肪酸不足に陥ってしまうので注意が必要です。

実は、肉と油はいくら食べても太らないと言われていて、これは栄養素ごとに体内での代謝に違いがあるからだそう。

アミノ酸と油は体内で使えない余ったものは排出されるのですが、糖質と炭水化物の余分なものは体内に貯蔵されてしまいます。

 

さらに肝心なのは筋肉と脂肪の比率で、筋肉が落ちていくような食生活をしてはいけないということ。

筋肉がつくのは細胞が増えて成長している証拠なので、逆に筋肉を減らすようなことになれば、

脳に「成長が終わった」というシグナルが伝えられ成長ホルモンの分泌が止まってしまうのです( ´Д`)

すると回復力を失う体質になり体内年齢が劣化(老化)してしまいます。。

適度な運動も効果的です。筋肉に刺激を与えることで、脳に成長ホルモンを出させる効果があります。

 

適度な運動と必要な栄養素をしっかり摂って、ぜひ「細胞の若返り」意識したいですね(*’▽’)

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロンにて受付を担当し、日々仕事や家庭のために頑張る女性のストレスを少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えたらいいなという想いで、お役に立てるブログを書いていきたいです。