一日で、どのくらい同じ姿勢で過ごしていますか?

 

一説では、一時間座り続けると22分寿命が縮まるといわれています。

その原因は“耳石”が動かないこと。

耳石は全身の筋肉や自律神経とつながっています。

そのため、耳石が活発に働くと、筋肉の活動がよくなるだけでなく、心臓などの働きも良くなって血流が活発化し、コレステロールや糖の代謝もよくなります。

一方、耳石があまり動かないと・・・全身の筋肉や自律神経の働きも衰え、筋力の低下や循環機能低下が起こると考えられています。

できれば、30分に一回立ち上がったり、頭を左右に動かすことでも耳石が動かせるそうですよ!

 

しかしアンチエイジングの観点からは、これでは予防にすぎません(._.)

せっかくなら、若々しさを保ちたいですよね!

 

幸せ物質として有名な「セロトニン」。

三大神経伝達物質の一つです。

たくさん分泌されると疲労感や痛みが和らいで体が安定し、自律神経のバランスが整うので心の安定が保てます。

さらに、気持ちが前向きになり、幸せを感じられるようになります。

このセロトニンは、抗重力筋と連動しています。

抗重力筋とは、重力に逆らって体を支えるために必要な筋肉のことです。

背筋、腹筋、大腰筋、おしり、太もも、ふくらはぎ、足首、足の筋肉を言います。

姿勢を正している時はこれらの抗重力筋がしっかりと働き、セロトニンが分泌されるというわけです。

抗重力筋を使って立つと、首の筋肉にも張りが出て、口のまわりや頬のたるみも引き締まります。

そして自然と口角が上がり、セロトニンを分泌するといういい循環となります(^-^)

 

実は精油にも、セロトニン分泌を促すものがあります。

・ラベンダー

・ベルガモット

・ネロリ

・マジョラム

などです。

 

幸せホルモンを分泌して、重力に負けないスタイルになりましょう♪♪

 

 

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロンにて受付を担当し、日々仕事や家庭のために頑張る女性のストレスを少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えたらいいなという想いで、お役に立てるブログを書いていきたいです。