9月になりましたね。 九州・福岡でも夜になると鈴虫が鳴いています。

先週は線状降水帯による大雨

お隣の佐賀県武雄市では大きい被害が出ていて、多くの方々が被害にあわれているようです。

1日も早く日常の生活に戻られることをお祈りしています。

・・・・・・・

さて、大雨の当日は、オルヴィエ直営オリーブ農園がある福岡県筑後市でも避難命令が出ました。

市内のあちこちが冠水していて、道路が通れません。

幸い私の自宅は大丈夫だったのですが、心配だったのはオリーブ畑。

雨の間隙をぬって畑に行ってきました。

(8月28日 避難命令が出た日のオリーブ農園)

オリーブ畑は、水浸しでしたが、畑の隣を流れる用水路は増水はしていますが、

氾濫(はんらん)までは大丈夫そう。

ホッと胸を撫でおろしました。

・・・・・・

話は変わりますが、 少しビックリしたできごとが。

大雨当日、自宅近くの農業用水路におじいさんが流れてきました。!(◎_◎;)

ほんとうの人間のおじいさんです。😅

 

流れる泥水の水面上に、おじいさんの肩から上のお顔が見えていて、

用水路の中を こちらに向かってきます。

おじいさんの顔はパニックでもなく焦っている様子もなく・・・。

「あれ? こんな大雨の日に、水中の藻か何かを取る農作業でもしているのかな??」

という雰囲気でした。

でも よーく見ると 流されている様子。

「大丈夫ですか?」 と声をかけると

「大丈夫です」というお返事。

「本人が大丈夫というのだから大丈夫なのかな??」としばらく様子を見ていると

やっぱり流されて身体がコントロールできていない様子。。😅

 

「手伝いましょうか?」と声をかけ

持たれている荷物を受け取り

次におじいさんの手を握って引き寄せると

何故だかかなり重い。。。?

えいやっと手を引いておじいさんを岸に寄せると、

泥水の中から自転車が出てきました !(◎_◎;)

お話を聞くと、

近くの道路が冠水していて用水路との境目がわからず、自転車ごと用水路に転落された

とのこと。

用水路の底に足がついているから自分であがれると思っていたけど

思いの外 流れが速く助かりましたとのことでした。🙂

 

その後、おじいさんは何事もなかったかのように

雨の中を自戦車を漕いで帰って行かれました。。。🙂

 

普段 農作業をしている方々は、自然とともに生きているから

大雨でも 自分がずぶ濡れになっても 少々(?)川に流されていても

冷静でいられるのですね。

凄いですね。

 

・・・・・

週末のオリーブ園 大雨で少し荒れた畑のメンテナンスをしました。

草刈りと虫取り。

手を入れる(気を配る)と やっぱりオリーブたちは元気になるような気がします。

人もオリーブも同じですね。。。 🙂

 

さてさて9月 石けんづくりはこれからが本番です。

秋が深まる頃には 皆さまにお届けできるようになりたいな。

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。