九州・福岡はお盆休みに入りました。

午前5時30分の東の空。

夏の朝焼けは「うわー」と声が出るほど美しく、

愛する人に見せてあげたいなどとロマンティックなことを思ってしまいました。😅

・・・・・・・

さて、先週の台風8号の際に、東京出張をしていて

「オリーブ大丈夫かなあ」と心配をしていました。

案の定、京急線に乗っている時に、

オリーブ園がある村の先輩農家さんから電話がかかってきました。

「オリーブが✖︎✖︎✖︎で、⚪︎⚪︎⚪︎になっとって △△△になっとるばい」

「◻︎◻︎◻︎しっとったけんのー」

訛りがひどく・・・😅     電車の中ということもあり良く聞き取れません。

文脈から言うと、オリーブ樹が倒れそうになっていたけど、何かをして

大丈夫になった との意味みたい。

ひとまず「ありがとうございました!」とお礼を伝えました。

・・・・・・

次の日 帰福して畑に行ったら、

オリーブ樹を支えている支柱が倒れています。

木の支柱なので、土の中で腐食をしていて、そこに台風がきて支柱が折れてしまった様子。

 

オリーブ樹と支柱はゴムバンドで結束しているので、一緒にオリーブ樹も倒れそうになり

地元の先輩農家さんが、そのゴムバンドを外していただいたのだとわかりました。

口は悪いけど、優しい先輩です。🙂

農業って、一人ではできないものなのだなあ とつくづく思います。

本当にありがたいことです。 m(_ _)m

 

・・・・・・・

今週は、大型の台風10号が接近中。

週末は、オリーブ園の支柱の修理をして台風対策をしました。

(支柱が折れているオリーブ樹が5本)

まず、スコップで、オリーブ樹の根元を掘り、支柱の折れた部分を露出します。

支柱は、もっと深い岩盤まで刺しているので、ここから先の基礎は大丈夫そう。

次に新しい支柱を 木槌(木づち)🔨で土に埋め立て、

もともとあった支柱の基礎と麻紐(あさひも)で結束します。

麻紐の結束は2ケ所 これで強度が増します。

土を埋め戻し、ゴムバンドで結束して完了。 🙂

これで 台風が来ても大丈夫。(な、はず)🙂

 

早朝から草刈りと支柱の修理。 午前10時にはもう作業がままならない暑さとなりました。😅

台風10号 なんとか無事にやり過ごして欲しいなあ。。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。