土づくり

オリーブを植樹する苗床の準備をしています。

土づくりの基本は、窒素 リン酸 カリウム (大昔 理科で習ったような?)のバランス。

窒素は葉をつくり、リン酸は実や花を、カリは根をつくる。

あと、カルシウムとマグネシウムも。

土壌に含まれるこれらの養分がオリーブを育ててくれます。

 

畑の土は農業改良普及センターに持ち込んで、現状のバランスを調査。

今後の土づくりの基礎とします。

 

オリーブが他の野菜や植物と違うのは、アルカリ性を好むこと。

PH値を6〜7まで高めるために、有機石灰を大量に準備しました。

有機石灰は、単純に言うと貝殻。 海のミネラルです。

先輩農家さん曰く、

「山は海のものを好む」 そうです。

これから豊穣な土壌づくりをしていきます。(笑顔)

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。