桜が満開になりました。花冷えの日もあり
少し長くお花が楽しめそうですね。

桜って本当に綺麗で特別な花ですが、
同じ科のバラにように花の香りを
楽しみたいと鼻を近づけてもあまり
香りがわからないですね(>_<)

通常の花や葉の中では糖と結合した「配糖体」という状態。

まだかおりがありません。

「塩漬け」にされると糖が分離してクマリンが生成され
甘い香りを放つ状態になります。
桜を最大限に生かす方法で昔からあることに感動しますね。

【桜の香りの成分】

ベンズアルデヒドは杏仁豆腐のような
香りローズにも含まれる香り
・β-フェニルエチルアルコールは
バラにも含まれる香り
・クマリンは  桜餅の香り

独特の香りの主体はクマリンという成分です。
効能としてリラックス効果、抗菌、血行促進などが
期待できます。

今日はスタッフとおやつに「桜もち」を頂きました。

良い香りと程よい甘いあんこで桜を堪能しました(*^^*)

残念ながら「桜」精油は抽出が難しいですが、桜餅の
ような独特の香りのする精油はあります。

「トンカビーンズ」でマメ科の植物で種子から抽出します。
「オレンジ」や「ローズ」「サンダルウッド」
と相性が良くおすすめです。

自分だけの「桜ブレンド」を作ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
昔から香りやトリートメントに興味があり、十数年前にアロマと出会いアロマセラピストとして、日々お客様にセルフケアのアドバイスをしています。 同じ女性として年齢を重ねて感じる不調に、少しでもお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

最新記事 by kido (全て見る)