今日 4月1日は新しい元号が発表される日。 11時半に菅官房長官が発表されるとの事。

どんな元号になるのかな?  なんだかドキドキしますね。🙂

・・・・・・

Olvie /オルヴィエ のコンセプトタイトルを

「九州発オリーブ化粧品」から「オリーブとアロマのスキンケア」

に変更しました。

商品の特徴を伝えるのにもう少し具体的で分かりやすい表現に変えようと

Olvieチームで話し合って決めました。

 

Olvie /オルヴィエの特徴は、九州産のオリーブを素材として使用していること

そして、20年来営業しているアロマセラピーサロンの強みを活かして

エッセンシャルオイル(アロマオイル)をセレクトしブレンディングできることです。

この二つの価値を、九州らしい人の優しさに包んでお客様にお届けすること。

これからつくっていく商品も、この価値や特徴を追求し深めながら開発を行っていこうと

考えています。

・・・・・・・・

 

話は変わりますが、今年の夏 沖縄にハレクラニがオープンするそうです。

ハワイ オアフ島でナンバーワンリゾートホテル

「天国の館」の、あのハレクラニ。🙂

どんなホテルになるのでしょうね。。。

きっと、沖縄の歴史や文化や気候など、沖縄の素晴らしさをたっぷりと堪能できる

洗練されたホテルになると思います。

こちらも楽しみですね。 宿泊料金は沖縄で一番高いレートになると思うから

見学だけでも行ってみたいです。 🙂

・・・・・・・・

地域の歴史、文化、気候、多様性など、

その地域の価値を再発見し、

本物がわかる方々に通用する価値まで洗練させて表現する。

一流リゾートホテルや旅館、スパのコンセプトワークで使われる考え方です。

「星のや」さんなどもこのような手法で、ホテル開発を行ってらっしゃるようです。

・・・・・・・

私事ですが、実は、小生 日本スパ振興協会の理事を務めさせて頂いております。

日本におけるスパの歴史は、2004年に横浜で開催されたISPAコンベンションに遡ります。

このコンベンションを機に、日本中に世界水準の本格的スパが次々と開業しました。

当社では、2003年に九州で初めてのSC型ディスパを博多リバレインにオープン。

2008年には、山口県で最初の高級旅館内スパの運営をスタートしました。

この間、日本一と言われる石川県の老舗旅館さま、沖縄のリゾートホテル様など

さまざまなスパのオープンや運営に携わらせて頂きました。

・・・・

Olvie /オルヴィエ の製品づくりは、

前述した 一流ホテル・旅館やスパをつくっていくプロセスと似ています。

地域の歴史、文化、気候、多様性等を磨き洗練させて、

対象とするお客様に受け入れられるスタイルまで高め表現して行くこと。

・スペック(香り、テクスチャー、浸透性、翌日の仕上がり感)

・安全性

・容器デザイン 使いやすさ 価格

・説明や表現方法

etc

・・・・・・・

今、九州各地でオリーブの植樹が進んでいます。 やがて九州は小豆島と肩を並べる

オリーブの一大産地になります。

世界中でエッセンシャルオイルの価格が高騰しています。

フランキンセンスは天然の樹木からしか採取できないから、もう何年かすると

入手困難になると言われています。

九州には、杉がたくさんあり、杉のエッセンシャルオイルを使って製品をつくれないか

とか、い草のエッセンシャルオイルをつくろうとか、いろんなアイデアがあります。🙂

・・・・・・・

オリーブ栽培を基盤とし、九州ならではの多様性ある価値を再発見し

対象とするお客様に感動して頂き笑顔になって頂ける水準まで

追求し、洗練させていくこと。

Olvie/ オルヴィエ 新しい時代に大きく羽ばたけるブランドに育ててきたいな。

そんな事を思った週末でした。

 

・・・・・・

(福岡市が官民共同で運営しているインキュベーションオフィス

「フクオカ・グロース・ネクスト」 高い競争率を勝ち抜き

第2期も入居させて頂く事になりました)🙂

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。