奈良でも桜がかなり膨らんできていて
川沿いの桜並木の道を通るたびに
「いよいよかな」と気持ちもワクワクしてきます。

今はなぜか完治していますが
小学校中学年〜19歳頃の約10年間は
周りでも見かけないほどのものすごい花粉症に悩まされていました。

1月末〜GWあたりにかけては、
じっとしていても鼻水が出る、目がゴリゴリする
顔だけじゃなくて耳の中や喉の奥まで痒い
そんなこんなで夜も何だか熟睡できないので昼も眠い。

この季節がぴったり受験シーズンに重なるので
家では鼻にティッシュを詰めてみたり、鼻うがいをしてみたり
清涼感の強い目薬を注してみたり、目を洗ってみたりとあれこれ試しました。
(色々試した中に、”鼻の下にタイガーバームを塗る”というのもありましたが
あまりに匂いが強力すぎて目が開けれなくななりました。。。)

当時は花粉症の情報も少なく、インターネットなんてのもなかったので
思いつくままにやってみましたが、どれも駄目でした。

それが大学生になった翌春から、
まるでそれまで何もなかったかのようにピタッと治まって
「そろそろ今年も花粉症の季節か?」とビクビクしていたのが
急に「春って気持ちいいー!!」と思えるようになりました。

数年ぶりに草木や土の匂いでも春を感じるようになったのです。

僕はちょっとした外出の際は、バイクか自転車を使うことが多いのですが
この季節だと菜の花が少しまとまって咲いている横を通り過ぎると
冬とは異なる光に映える緑と黄色の明るさに加えて、
アブラナ科独特の青臭い匂いもあって「あー春だなぁ」と思います。

桜だと川面などにはらはらと散るのを見るのは好きですが
道路にドサッと散って変色してしまっているのを見ると、
潔さが過ぎるように感じる上に、
葉桜になって毛虫が出てくるところまで想像してしまい
「春ももう終わるのか」と、毎年のことながらちょっとゲンナリしてしまうのです。

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。

最新記事 by やまと (全て見る)