(※画像はもちろんイメージです)

非常に個人的な話ではありますが…
昨年末、もう明日は大晦日という12/30に我が家の給湯器が水漏れで壊れました。

壊れたと言っても、給湯器に繋がる給水栓を締めておけばひとまず水は漏れません。
ですのでその日に一旦ガス屋さんを呼んで状況確認だけしてもらいました。

結果、お風呂を入れる時だけ給水栓を開けお風呂にお湯を張り
張り終わると給水栓を締めるという方法で、だましだまし給湯器に働いてもらい
年が明けたら給湯器の交換をしましょう。という結論に。

ただし、どこの業者さんも1/7が仕事始めで
それから給湯器を決めたり工事日を決めたりという流れ。
ガス屋さんにも「給湯器が持てばいいですけど…」と言われました。

で、お正月を挟むわけですが、その間に家族会議。
給湯器交換の話のはずが
脱衣場と浴室の間のドアの足元部分がかなり弱っているだの
浴槽が狭いだの、お湯が冷めるのがすごく早いだの、
タイルの目地をいくら掃除してもすぐにカビが出る…等々の話が出るわ出るわ。

結局、給湯器の交換だけのつもりが脱衣場と浴室のリフォームの話に発展。
リフォームするならその業者さんに給湯器の交換もしてもらいましょう、と。

特に懇意にしている業者さんもないので
何件かの業者さんに仕事始めのタイミングで連絡して
下見に来てもらって相見積を取らないといけないし、
それに合わせてこちらの希望も考えておかないといけない。
お正月は情報集めに、明けてからはスケジュール調整にドタバタしました。

何とか諸々うまく事は進み、1月中頃に給湯器だけ先に交換してもらい
(タイミングよく(?)、交換の前日に給湯器が完全に動かなくなりました)
ショールームの見学に行ったりもして、
来週からはいよいよリフォームが始まります。

お風呂は身体を落ち着けて一日の疲れを癒やす、
リラックスには欠かせない場所です。

狭いながらも新しくなれば、家族もバスオイルやバスソルトなんかを使って
お風呂でゆっくりタイムを楽しんでくれるようになるでしょうか?

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。