昨日は天候に恵まれた中、Olvie待望のオリーブの植え付けをしました
でもさすがにこの話を書くと被ってきそうなので、数日前の事を書こうと思います。

今回植え付けた木からオリーブの実が収穫できるようになるまでは
まだ3,4年はかかるとは思いますが、その第一歩が踏み出せ感慨深いものがありました。

ツイッターでもほんの少し上げました
また、誰かが詳しくブログに書いてくれるんじゃないかと思います。

—–

さて、僕も香りについて改めて色々興味を持ち始めましたが
まだ系統立てて学ぶとか、しっかり資料にあたってみるとかの
専門的な段階ではありません。

それでも、とにかく何にでも興味を持つことは良いこと。
新しい事を学ぶというのはワクワクできますし脳も刺激されるので、
若さを保つ秘訣のひとつ
じゃないかと考えています。

それで今回は、香りや化粧といえば香水もあるなぁと思って
香水について検索サイトのヤホーで調べていたんです。
そしたらですね、すごい香水ブランドを見つけたんです。

「Demeter」というメーカーなんですが、
1996年からかれこれ20年以上続いているようで、住所はニューヨーク。

英語が得意ではないので間違いがあるかもしれませんし、
他社の宣伝のようなことをするのも憚られるので
商品一覧リンクだけ貼って、あとはサラッと。

まぁでもこれが、なかなか多種の香水が並んでいて壮観なんです。

ブルガリアローズ、フランキンセンス、ネロリ

やまと
うん、よく聞くスタンダードな香りといったイメージだ。

竹、ブルーベーリー、桜、クローバー、たんぽぽ、トマト

やまと
まぁ、ちょっと個性的なのも必要なんでしょうね。

黒胡椒、バブルガム、エスプレッソ、緑茶、コンデンスミルク、暖炉

やまと
う…うん、そういうのもアリなのかな?

アップルパイ、バナナフランベ、バタースコッチ、チャイ、クレヨン

やまと
え、こんなのも香水にする?やりすぎちゃうん??

悪魔の食べ物、ホタル、溶岩、カビ、新生児、ピザ、子猫、泥
別のページにはゾンビとかも!

やまと
いや、ちょっと何言ってるかわかんない。。。

どこまで本気でどこまでネタかわからないけど
20年以上ニューヨーカーに愛され(?)ていて
世界的に出荷されているってことは需要もあるのかなぁ。
確かに赤ちゃんの匂いとか子猫とかある意味母性本能をくすぐるような
匂いなのかもしれないけど。。。

何か読み間違いしてるのかなぁ?

こんな不思議なメーカーですが、動物実験もしていないし
95%は天然物から手作りしているようです。
ゾンビの香りも天然物から?・・・まぁいいでしょう。

香水についての勉強になったかと言われると
単にネットサーフィンを楽しんで、時間を浪費しただけな気もします。

でも「○○の香り」と言われイメージされるものは、
大抵のものが天然フレーバーの組み合わせで作れそうだということがわかりました。

また、それらの香りを頭の中でイメージすることで
脳が刺激された
ような気もするのでひとまず良かった、のかな?

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。

最新記事 by やまと (全て見る)