1月も明日までですね。

これからまだまだ寒くなりそうですが、もうすぐ節分。

暦の上では春ですね✨ 近所の梅も咲き始めていました(*´∀`)

 

2月3日の「節分」には、豆まきをしたり恵方巻きを食べる風習があります。

今では2月3日に定着している節分ですが、本来は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを「節分」と呼んでいました。

現代では2月3日だけが節分になっていますが、これは4つの季節の中で「立春」が最も重視されていたためといわれています。

春の訪れである立春は1年の始まりでもあり、とくに待ち望まれていました。徐々にこの考えが強まり、立春の前日だけを節分と呼ぶことになったのが現代の節分の由来だそうです。

 

今では12月31日が大晦日、1月1日が元旦で新年の始まりとなる日ですが、その昔では立春が新年の始まりだったため、立春の前日である節分が大晦日だったのです。

1年を締めくくる節分は、その年の中でもとくに重要な日です。来たる新年に向け、厄や災難をお祓いする行事が行われており、これが豆まきの由来になったといわれています。

 

もともと日本では、穀物などに邪気を払う力があると考えられていました。

とくに大豆は米や麦と同じくらい重要な穀物として扱われており、魔除けや生命力に関する霊力が込められていると考えられていたため、お祓いなどの行事などでは大豆がよく使用されていたという説があります。

また、暴れている鬼の目に炒った豆を投げつけて鬼退治ができたという説や、魔物(鬼)の目の文字を取って「魔目(まめ)」になるという説もあるそうです。

 

近頃は恵方巻きも、巻き寿司だけではなく、ロールケーキだったりとバラエティー豊かですね。

今年の恵方は✨ 東北東✨だそうです。

一年間の無病息災を願い、豆まき&恵方巻きで福を招き入れましょう!(^◇^)

The following two tabs change content below.
福岡・天神にあるイムズ そこに私達のOlvie直営サロンはあります。 セラピスト目線から皆様のお役に立てる情報やOlvieの魅力だけでなく、癒しや日常をお届けいたします。

最新記事 by ナチュラルリフレックスイムズ店 (全て見る)