1月も三分の一を過ぎ、生活リズムが通常運転になった方がほとんどかと思います。

生活は日常だけど、身体が本調子ではない・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

年末年始にとった食事の塩分により、身体がむくんでいませんか?

 

日本人の平均塩分摂取量は1日平均10.2g。

目標基準値は8g未満(男性)、7g未満(女性)なので、

通常でも摂りすぎと言われていますが、おせちは推奨塩分量の約3倍!とも言われています。

 

そこで、たまには1日だけでも、塩分を抜くことを意識するのはいかがでしょうか?

完全に抜くのはなかなか難しいですが・・・「控えよう!」と意識するだけで、

食べられない食品がかなり出てきます(・x・)

ハムやベーコンなどの加工品、缶詰、麺類、パン、お漬物・・・

普段から塩分が多い食品を多く口にしていたことに驚く方も多いはずです。

もちろんお総菜、スナック菓子類も塩分が多いです。

そんな塩抜きデーのおすすめメニューは、新鮮なお野菜や旬の魚介類、お豆腐など塩分が少ない食材で、食材本来がもつ旨味を存分に楽しむことを心がけてください。

自分でお出汁をひいて、スパイスやハーブ、レモン、などの果汁(もちろんオリーブオイルも!)で調理した食材は、

噛むほどに奥深い甘味や滋味を感じられ、今まで気づかなかった繊細な美味しさに気づくことができます。

 

所謂、「塩抜きダイエット」は3日間だそうですが、

1日だけでも味覚の変化やむくみが軽くなるのが実感できるかと思います!

 

一点、ご注意いただきたいのは、本来塩分は人間の体に必要不可欠な成分です。

ですから塩抜きは長くとも3日間が限度。

それ以上継続してしまうと体調を崩してしまう可能性が高いので、お気をつけください。

 

身体の中の余分な水分を抜いて、すっきり軽やかに春を迎えたいですね( ´ ▽ ` )

 

 

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロンにて受付を担当し、日々仕事や家庭のために頑張る女性のストレスを少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えたらいいなという想いで、お役に立てるブログを書いていきたいです。