九州・福岡でも急激に寒くなり、昨日は小雪が舞っていました。

みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

さて、Olvieオリーブ農園ではオリーブ達にも気持ち良くお正月を迎えてもらおうと

年末に冬越えの土づくりをしました。

まず、オリーブの根の周りにバーグ堆肥を撒きます。

バーグ堆肥は、九州大分県の日田杉の皮からつくったもの。(動物性の堆肥ではありません!)

オリーブはアルカリ性を好むので、有機石灰を一緒に。

有機石灰は牡蠣の殻を粉砕したものです。

 

次に、石灰を目印にスコップを入れ、

グリグリと土を前後に動かしながらバーグ堆肥と有機石灰を土の中に流し込みます。

土に入れたスコップを前後に動かすことで

寒くて固くなりがちな土壌を柔らかくして

オリーブの根が動きやすい(伸びやすい)状態をつくります。

オリーブのストレッチですね。(笑顔)

 

冬は、人間も寒くて背中が丸まって縮こまりがち

背中のストレッチをして筋肉を伸ばしましょう。

人間もオリーブも一緒です。(笑)

 

「来年も大きくなれよー」と

1本 1本のオリーブの葉や幹の状態を見ながら作業を進めます。

一時期、ハマキムシにやられていたオリーブ達もずいぶん元気になりました。

(ハマキムシに一番やられていたマウリーノ ちゃん 健康的な葉になりました)

 

2日かけて作業終了!

これで気持ちよくお正月を迎えることができます。(笑顔)

(Befor)

(After)

・・・・・・・・・・

オリーブ自身の生命力と環境がオリーブを育てていく

僕にできることはできるだけいい環境をつくること

あとはオリーブの生命力を信じるのみ。

なんだか人間と一緒だなあ

そんな事を思いながらの初めての土づくりでした。(笑顔)

 

 

・・・・・・・・

 

本年、皆様にはCFのご支援 3月の植樹からはじまり

Olvie美容オイルのご愛用など、本当にお世話になりました。

この場をお借りして心から御礼申し上げます。

来年も安全・安心なオリーブづくりに勤めて参る所存です。

皆様にとって笑顔のお正月になられますようお祈りしております。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。