九州・福岡 Olvieオリーブ農園のお隣にあるコスモス畑。

風は北西から。 心地良い 秋の風が吹いていました。 🙂

・・・・・・・・・・・・・・

さて、週末はオリーブ農園で虫取り。

Olvieオリーブ農園は無農薬栽培にチャレンジしているので

夏の草刈りが終わってホッとしたのもつかの間、今度は毎週 虫取りです。(苦笑)

(ハマキムシはオリーブ葉を巻くように葉っぱの中に隠れています)

 

(剪定バサミで害のある葉っぱをカットします。1本のオリーブの木で紙コップ1杯分位)

1本 1本のオリーブ樹を見て回り ハマキ虫をゲットして退場頂きました。🙂

・・・・・・・・・・

 

話は変わりますが、先日 九州の自然栽培・無農薬栽培の農家さん回りをしている友人のお誘いで

「TABEMONOGATARI(たべもの語り)」という

ディナーとマルシェのイベントに参加してきました。

https://www.c-hitomonokoto.jp/event/tabemonogatari/01/

 

沖縄のハチミツ屋さん 大分のぶどう農家さん 熊本の自然牧場さん

ななつ星に採用されたレンコン屋さん などなど 無肥料・無農薬でつくられた農作物を、

ホテルのシェフが食材の良さを引き出したディナーとして提供されるイベントです。

ディナーの途中で 農家さんが直接 栽培へのこだわりや栽培方法を説明され

美味しいのはもちろんですが、とても学びになったイベントでした。

・・・・・・・・・

印象に残ったのは 大分のぶどう農家さんの言葉。

「(人間である)自分がされて嫌なことは、作物にもしない」

「大きくなるようにと肥料をどんどん入れる。 人間だってそんなに過剰に栄養をとったら肥満になって病気になる」

「(人間も)死にそうになったら薬も飲むし、手術もして欲しいけど、手間がかかるからと農薬をどんどんまかれたら僕ならとっても嫌だ」

なるほどー と思いました。

また、自然栽培をされている ある農家さんからは

「圃場の土壌が整ってきたらハマキムシもこなくなりますよ。今は虫取りが大変だと思いますが

2〜3年の辛抱です」と励まして頂きました。🙂

・・・・・・・・・・・・・

当社は、長年 自然療法(ナチュラルセラピー)を基本コンセプトとして

アロマテラピーサロンやスパサロン ヨガスタジオ等を運営してきました。

自然療法とは「できるだけ自然なもの 副作用がないもの」の療法(セラピー)の総称です。

人工的なもの 化学的なものをできるだけ避け、

人が本来持つ自然治癒力を高めていく事が一番大切なことだと思っています。

アロマテラピーもリフレクソロジーも、ヨガもピラティスも、スパの温浴療法も

全て自然療法のメソッドです。

Olvie美容オイルもそのコンセプトに基づき植物オイルと精油だけでつくりました。

日本には薬機法があり、化粧品分類の商品に対してセラピー(療法)という言葉を使うことは

できませんが、製品づくりの基本哲学は譲れません。

Olvieオリーブ農園で無農薬栽培にチャレンジしているのも同じ考え方からです。

「できるだけ自然なもの 副作用がないもの」

自然療法の考え方を製品に生かすべく、

これからもナチュラル・プランテーション(自然栽培)を志向していきます。

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。