化粧品の成分表示とは、いわゆる化粧品のレシピです。

外箱や本体の裏面に記載されていますよね。

2001年4月以降、薬事法の改訂により「全成分表示」が義務付けられています。(医薬部外品を除く)

それ以前は、102種の指定成分(旧表示指定成分)と香料のみの表示が義務づけられていました。

「薬事法」というのは、医療及び公衆衛生に使用される医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療用具について、それらの製造、輸入、販売、貯蔵、表示及び取り扱い等について取り決めた、基本の法律です。その目的は、化粧品などの品質の確保と向上、適正な使用の確保、厳正な取り扱いの確保で、私たちの生命と健康を守るためのものです。

万が一トラブルが起きてしまった場合でも、その要因を皮膚科専門医が判定しやすく、

要因となった成分がわかれば、お客様自身で未然に避けることが出来るようになっています。

 

しかし、例外もあります・・・

化粧品の全成分表示に関して、

「製品中にその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないものについては表示の必要はない」

という特例が認められています。

これは、原料そのものに含まれる成分や、原料から成分を抽出する過程で使われる添加物などを指し、

このような成分をキャリーオーバー成分といいます。(溶剤、安定剤、酸化防止剤、防腐剤など)

原料を育てる過程に混入した農薬なども、このキャリーオーバー成分に該当します。

 

例えば、植物エキスを抽出するときに基材となるアルコールやエタノール、 溶剤、

またその基材の防腐の目的で配合されているパラベンなどは「キャリーオーバー成分」となるので、

「アルコールフリー」や「パラベンフリー」と表記が出来るのです。

上記のことは、化粧品だけではなく食品にも同じことが言えます。

 

ただ前述したように、キャリーオーバー成分は「効果に影響のない量」と判断されたものなので、

いままでお使いの化粧品で効果を感じられている場合は、気にされなくて良いかと思います!

 

化粧品の成分表示からわかること・わからないことを考えると・・・

販売する側がどれだけ誠実になれるのか、お客様からきちんと「信用」していただけるかが

大切なのかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロンにて受付を担当し、日々仕事や家庭のために頑張る女性のストレスを少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えたらいいなという想いで、お役に立てるブログを書いていきたいです。