油(脂質)には大きく分けて飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の2つがあります。

飽和脂肪酸は牛肉や豚肉、乳製品など動物性の脂肪に多く含まれています。

不飽和脂肪酸は化学構造の違いから、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」とさらに細かく分類されます。

  • 飽和脂肪酸…肉や乳製品などの動物性の脂質
  • 不飽和脂肪酸…オリーブ、マカダミアナッツやバオバブなど植物性の脂質

飽和脂肪酸は体内で合成できるため、必ずしも食事からとる必要はありません。

一方、不飽和脂肪酸のうちオメガ3とオメガ6はどちらも私達の体内では作り出せないことから、

食事などを通して外から補わなければならない「必須脂肪酸」と呼ばれ、その名の通り身体に必要な油です。

オメガ3(αリノレン酸)

代表的な植物油・・・亜麻仁油、エゴマ油

亜麻仁油やエゴマ油に含まれる「αリノレン酸」がオメガ3に当たります。

これらが身体に入るとDHA・EPAに代謝され、細胞の機能を高め、血液中の脂質濃度を下げる働きがあります。

コレステロール値の改善、動脈硬化の予防など、様々な健康作用が期待されています

オメガ3は熱と光に弱いため、「必ず生で利用する」事がポイントです。

オメガ6(リノール酸)

代表的な植物油・・・コーン油、ごま油、大豆油、ベニバナ油

同じく体内で合成できない必須脂肪酸です。

オメガ3と共に細胞膜を作り、身体の機能を調整する働きがあります。

オメガ6は一部体内において「γリノレン酸」に代謝され、抗炎症に働くホルモン様物質などを作りますが、

摂りすぎると逆に炎症や血栓が生じやすくなるため注意が必要です。

 

オメガ3とオメガ6はその摂取バランスが何より大切です。

 

覚えておきたい摂取バランス!

必須脂肪酸の理想の摂取バランスは「オメガ3:オメガ6=1:4」。

ですが、現代人はオメガ6に摂取が偏り、1:10~50というのが実情のようです(゜o゜)

オメガ6系の油を控え、オメガ3を日常的に摂れるよう心がけたいですね!

(オメガ3にはオメガ6の摂り過ぎによる害を抑える働きがあります。)

オメガ9(オレイン酸)

代表的な植物油・・・オリーブ油、アボカド油(マカダミアナッツも、やや多い)

オメガ9の代表的なものが「オレイン酸」。

オリーブ油はこの含有率が高く、70~80%にあたります。

善玉コレステロールはそのまま保ち、悪玉コレステロールのみを下げる作用があり、

肝臓や腸の働きを高め、便秘解消などにも効果的です。

オメガ9は熱に強いので、加熱用の油として炒め物等に使用可能です。もちろん生のままドレッシングとして野菜や魚にかけたり、パンにつけても美味しくいただけます。

 

良質な油を摂る事は、脳にも良い影響を与えます。

脳の60%以上は油ですので、脳を健康に保つには良い油は絶対に必要だそうです!

 

最後に・・・

注意したいのはトランス脂肪酸

不飽和脂肪酸の一種でもあるトランス脂肪酸は構造が似ていることから

「食べるプラスチック」と呼ばれており、細胞レベルで身体にダメージを受けるとも言われています(;O;)

 

油の栄養素を分解すると、本当に奥が深いですね(^◇^)

ちなみに、Olvie美容オイルに入っているバオバブオイル

オメガ3・6・9のバランスがとても良いと言われています。

 

飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸、どちらもバランスを意識することが、良質な“油”なのですね。

今一度、普段摂っている油を見直してみても良いかもしれませんね(*^_^*)

 

The following two tabs change content below.
アロマセラピー&リフレクソロジーサロンにて受付を担当し、日々仕事や家庭のために頑張る女性のストレスを少しでも緩和できれば、と感じています。 読んで下さる皆さまが癒され輝けるキッカケが増えたらいいなという想いで、お役に立てるブログを書いていきたいです。