今日からチームOlvieからブログに参加します。城戸です。
セラピスト目線で健康や美容の情報をお知らせして少しでも
参考にしてもらえたら嬉しいです。

いつもより早く梅雨明けしました。暑い日が続いていますが水分を充分補給し
熱中症に気をつけたいですね。

水分といえば「夏の肌」はとても乾燥しやすいことをご存知でしょうか。
見た目には、潤ってみえる夏の肌。実はそれは潤いではなく「皮脂」や「汗」。
私達の肌は構造上、油分は出せますが、汗以外に水分を出すことはできません。
そんな中、夏の強烈な紫外線によって、コラーゲンにダメージを与える活性酸素が発生し、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が乱れ代謝も悪くなり、冷房で乾燥した夏の肌は、ボロボロの状態。わたしたちの肌は、表面が乾いていると、肌の水分を逃さないよう、逆に皮脂をたくさん出して、肌の中の水分を保とうとします。すると、皮脂が過剰になり表面はテカテカになり、内側はスカスカの状態になってしまいます。表面がテカテカなので、自身では潤っていると誤って皮脂を過剰に拭きとろうとしたり、潤いケアを避けたりして、さらに誤ったお手入れも、インナードライを加速させています。
そこで、今回は夏のケアのポイントをご紹介いたします。

①必要以上に油とり紙やティッシュなどで皮脂を拭き取らないようにしましょう。
②顔を良く洗ったり、洗顔回数を増やしたりしないようにしましょう。
③洗顔の際の水温を30〜35度のぬるま湯に。(温度が高いと必要以上に皮脂が落ちます)
④日焼け止めをして、紫外線対策をしましょう。
⑤保湿クリームの油膜でしっかりフタをしましょう。
⑥水分を補うように保湿力のある化粧水などを使用しましょう。

「夏だってオイル美容」のブログでもお話をしましたがオイル美容もおすすめです(*^^*)
私も2ヵ月くらいOlvie美容オイルを使っています。例年に比べるとお肌の乾燥が気にならなくなっています。

The following two tabs change content below.
昔から香りやトリートメントに興味があり、十数年前にアロマと出会いアロマセラピストとして、日々お客様にセルフケアのアドバイスをしています。 同じ女性として年齢を重ねて感じる不調に、少しでもお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

最新記事 by kido (全て見る)