紫陽花 と書いて アジサイ と読むことを知ったのは高校生の時でした。

なんてステキな名前(漢字)なんだろうと感動した思い出があります。

・・・・・・・・・・・・

福岡は梅雨の真ん中あたり。 今日は雷も鳴り響く激しい雨 オリーブ畑のお仕事はお休みです。

晴耕雨読で本を読みました。(笑顔)

本田健さんには 以前お会いした事があります。

シンクロニシティ(一見偶然に見える意味のある必然)などステキな言葉を広げてくださった方です。

・・・・・・・・・・・

時折 「なぜオリーブをはじめたのですか?」

と聞かれます。

実は、僕にも良く分からないのです。

なぜか魅力を感じる としか言いようがなく。。

ただ、最近 少しわかってきたのは

オリーブそのものが大好き というより、

オリーブが持つ広がりや可能性、世界観に魅了されたのかなと思っています。

乾燥地帯でもたくましく育つ生命力、虫をよせつけない凛とした強さ

枝のしなやかさや葉っぱの美しさ・・・。

アテネのオリンピックの冠に使われているとか聖書の物語・・・。

もちろん エキストラバージンオイルの健康への影響 ドレッシングや料理になんでも使える所

オレイン酸の保湿力を活かした美容オイルとしての魅力 石鹸 マッサージオイル

オリーブ樹の硬さを活かした ボウル まな板 また洋服のボタン

1品種だけでは受粉しないというロマンティックなところとか。。。。

 

Olvieのオリーブ製品で 使って頂いた方が笑顔になり、少しでも美しく健康になられ

その製品をつくった私たちやお客様のご相談にのったアロマセラピストの社員のみんなも

嬉しく笑顔になり、

その豊かさの一部がオリーブの植樹となり、次世代の自然の豊かさを守る事に繋がっていく。

もしかしたら ヒノキでも杉でもミツバチでもよかったのかもしれないけれど

やっぱりオリーブだから 僕はこの仕事をはじめたのだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・

あ そうそう シンクロニシティでした。

この事業をスタートするにあたっては 本当にいろんな方々との出会い

まさにシンクロニシティがありました。

それを感じる直感とか 直感を信じることのできる自分のマインドの状態とか

そういうことを大切にして仕事を進めています。

言葉が現実をつくっていくから 使う言葉に気を使います。

マインドの状態が悪いと、ネガティブな思考に囚われがちになるので

自分のマインドの状態をより良くし 平常心を保つために瞑想をします。

会う人 お話する人に 安心感を感じて頂き、笑顔に元気になっていただけるように

自分のエネルギーの状態に気を配ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然と経済の真ん中で生きていく。

幸せは半径3Mの範囲にあるそうです。

足元の 紫陽花の美しさを見過ごさないよう

これからも自然と経済の真ん中で生きていきます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。