「梅雨」のタイトルで書いてから2週間。
もう気温も30度を超えすっかり夏の様相ですが
体調は万全でしょうか?

夏といえば僕にとってはカレーの季節。
たまに市販のルーを使わず、スパイスからカレーを作ります。
まず、弱火で熱した油にスパイスの香りや味を移すところからスタートです。

油にスパイスやハーブの香りを移す作業というのは
カレーに限らず他の料理でもよく見られる工程です。

スパイスやハーブは漢方というか自然の薬みたいなもので、
それぞれに効果効能や薬効があり、本来のカレーは
季節や家族の体調にあわせて、スパイスを「調合」して作っていたようです。

美味しくて身体にも良いとは合理的です。

そういう意味では、Olvieフィトオイルというのも
肌に馴染みやすいように調合された植物オイルに
気分がプラスになる天然由来の香りが加わっていて
『「植物のちから」をそのまま肌に』という作りになっています。

各種オイル成分の効果・効能は通販ページにもある通りで
香りが良くて肌にも効果がある天然成分でできているとは理想的です。

—–

あ、「肌に塗るカレー」というコピーを思いつきましたが
全く伝わらない上に、どう考えてもマイナスイメージですね。
暑さで脳がやられているようです。すいません。
カレーを食べて出直してきます。

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。

最新記事 by やまと (全て見る)