普通に「梅雨ですね〜。」と、書こうと思っていたら太平洋を台風が進んでいきました。
そのせいか空気は相変わらず湿っていますが少し涼しいです。
当面は雨もほとんど降らないようですね。

僕はジメジメした蒸し暑さはすごく苦手ですが、雨は嫌いではないです。
特に雨が降る直前〜振り始めに感じるいわゆる「雨の匂い」は
山の空気が平地に下りてきたみたいにも感じて
田舎の家に遊びに行ったときのような匂いを思い出して何だか落ち着きます。

また、アスファルトに降る雨の匂いは少しホコリ臭いように思いますが
土に降る雨は青臭さと腐葉土の混じったような匂いが強くなる気がします。

この「雨の匂い」についても研究されているかと調べてみるとやっぱりありました。

物質としては「ゲオスミン」と言われる有機化合物の一種で
土のような味やカビ臭の原因物質とのこと。
微量でも人はこの匂いを敏感に感じ取るそうです。

「カビ臭」とバッサリ言ってしまうと元も子もないですが
おそらくこれが僕の思う「田舎の家で感じる郷愁を誘う匂い」なのかと。
カビも人に害を及ぼすカビと発酵食品等に利用される麹のような有用なカビがあるので
「有用なカビ」の匂いに近いのではないか?ということにしておきましょう。

そして雨の匂いを存分に楽しめる梅雨が明けたら
「太陽の下で干した布団の匂い」が楽しみ!という方もおられるのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。

最新記事 by やまと (全て見る)