1ヶ月ほど前に購入した香りに関する本ですが、
隙間時間や寝る前に少しずつ読んで、やっと8割ほど読み進めることができました。

香りに関する色々が網羅されていて面白くて、気分転換に読むのにぴったり。
ただ問題があって、このブログで「ああいう話や、こういう話を書けるかな?」と
頭の中で温めていたような内容は、ほぼ全て書いてありました。。。
それもかなり詳しく、専門的に。(でも、読みやすい)

こうなると、太刀打ちできるわけがないので
今後何をどう書くか考え直さないといけません。

話は変わって、先日までOlvieのショップサイトを作っていました。
(今はメインのブランドサイト作成中)
僕だけの感覚かもしれませんが、
作成にかかっている期間は、気になることを複数抱えたまま進めるので
モヤモヤした時間がどうしても長くなって区切りが悪くなります。

こういう期間はどうしても文章を書く・計算をするというタイプの作業が
ものすごく億劫になります。

サイト作成や文章作成・計算に加えて「人と会って話をする」ことは
頭の使う部分が異なるらしく、全てを濃い状態で同日に行うと
1日の終わりには頭がわやくちゃになってしまい
改めて「ひとつひとつしっかり切り替えて進めないと」と思わされます。

—–

気分転換というと、
外へ出る、身体を動かす、飲食をする、シャワーを浴びる、寝る、等々ありますが
こういう時こそ「香りを愉しむ」と良いんじゃないかと思い当たりました。

ほとんどの気分転換はどうしても時間や環境に制約されますし、
最近はデスクでPCに向かったまま作業を完結することも増え
「喫煙所まで出向いて煙草休憩をするとは何事か」とも言われるご時世。

短時間で頭をリラックスできる「香り」はなかなか良さそうじゃないですか?
まだ試していないのでどんなのが良いかわかりませんが
Olvieのオイルに含まれる柑橘系の香りや、よくあるハッカ・ミント系あたりは
適度に刺激もあって「切り替え」には向いてそう。

『効率の良い休憩』というのも何だかおかしな言葉のような気もしますが
試してみる価値はありそうです。

The following two tabs change content below.
これまでは学生時代の化学専攻はあまり役立てず、食と農を中心に仕事をしてきました。 Olvieのプロジェクトには九州外から参加。とは言え九州には縁があり10年ほど住んでいたことも。ほんと「九州はいいところだ!」って思います。

最新記事 by やまと (全て見る)