Olvieオリーブ農園では 五月晴れの日が続いています。

見回りをしていたら、少し成長が遅いような 元気がないオリーブが

4本ほど。

先輩農家さんに相談すると、苗の個体差もあって根が充分に広がっていないとのこと。

根の周りにスコップを入れて、肥料と養土を入れました。

・・・・・・・・・・・

畑を見回っていると 一本づつのオリーブの個性があって

とても面白いです。

何もしなくてもどんどん元気に育っていく樹

手をかけてあげないといけない樹

私にできることは、

環境を整えることと、 元気がない樹には少し手助けをすること。

あとは樹が持つ本来の生命力を信じて待つこと。

 

オリーブづくりも人づくりも本当に似ていますね。(笑顔)

 

 

 

The following two tabs change content below.
社長係のやすながです。 オリーブに魅せられて3年。 素敵な仲間たちのおかげでようやくスタートラインに立つことができました。 安全・安心なオリーブづくりを通してOlvie(オルウ”ィエ)が皆さまに愛されるブランドになりますよう、そして、オリーブの植樹や栽培を通して、九州の自然の恵みや豊かさを次世代の子供たちに繋げていけるよう、粉骨砕身して参る所存です。  オリーブおじさんの大冒険 どうぞおつきあいください。